VCPカウンセリングオフィスは、こころの健康の保持・増進を目的として、心理に関する支援を要する者または関係者に対し、ビデオ会議ツールを用いて心理に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を提供しております(以下、「遠隔心理支援サービス」)。

 

本サービスは、利用者の安全および、情報の機密性を高めるために、「遠隔心理支援サービスについての説明書」をご用意しています。

ご利用申込み前に、下記の「説明書」をお読みのうえ、お申し込みください。

【遠隔心理支援サービスについての説明書】

 


「VCPカウンセリングオフィス」は、安心・安全にサービスをご利用いただくために、利用者に対して、下記の内容にご同意いただきます。ご同意は、利用申込を以って同意とみなされます。

□ 1.サービスにはZoom(Zoom Video Communications)を使います。実績のある信頼できるサービスですが、ハッキングなどのリスクはゼロではありません。リスクを防ぐために、フリーWi-Fiでの利用はしないでください。


□ 2.サービスはウェブカメラ付きのP Cやスマートフォン等の端末を用いて行います。あなたとカウンセラーの映像が画面に映りますが、対面での相談とは質が異なり、対面したときと同様のサービスは提供できないことをご理解下さい。


□ 3.遠隔心理支援サービス中は、ご自身の部屋など、プライバシーが守られる静かな環境が確保できることが必要です。カフェやコンビニは絶対に避けて下さい。ご自宅でも、家族が途中で入ってきたり、話が聞かれたりすることのないように調整して下さい。また、背景が映り込むものについても不都合がないか確認して下さい。


□ 4.遠隔心理支援サービス中は、使用しているアプリ(Zoom)以外の全てのアプリ、通知、プログラムは閉じて下さい。


□ 5.使用する端末がP Cの場合は、O S(Windows、macOSなど)、セキュリティアップデート、ウィルス対策ソフトなどを最新のバージョンに更新してあることを確認して下さい。スマートフォンやタブレットの場合も、O S(Android、iOSなど)を最新のバージョンに更新してあることを確認して下さい。


□ 6.遠隔心理支援サービス中の録画・録音・撮影は禁止します。また、許可なく誰かを同席させることも禁止します(カウンセラーも、セッション時の許可なくそれらを行うことはありません)。


□ 7.遠隔心理支援サービスの内容は、サービス改善および、学術的な目的のため、相談内容を録画させていただく場合があります。録画した記録は、サービス改善および学術的な目的のみで利用し、第三者が閲覧することはございません。また、平泉 拓 の研究室にてオフラインでセキュリティを施し、5年間保管いたします。保管期間後は、カウンセラーの所属機関が締結している機密処理廃棄サービスを使用して廃棄いたします。


□ 8.面談時間に、受付担当者がお知らせしたZoomのURLおよびIDから接続して下さい。キャンセルや変更が必要な場合は、事前に受付担当者に連絡してお知らせ下さい。


□ 9.技術的な問題で、接続がうまくいかなかったり中断したりした場合は、登録されたEメールアドレスまたは電話を通じて、担当公認心理師等が利用者に連絡します。つながらない場合は、キャンセルとさせていただきます。再予約したい場合は、利用規約に定められた方法により再度予約してください。

【遠隔心理支援サービスに関する同意書】

 

上記の説明を読んで理解し、全ての項目について承諾いたします。

 

      年   月   日  氏   名:

  2020年  6月  吉日  説明者氏名: 平泉 拓

© 2020 by Taku Hiraizumi.