検索
  • 平泉 拓

新型コロナウィルス罹患者・家族親族/関係者の相談料無償化について(続報)

コロナ禍から約2年が経過いたします。亡くなられた方のご冥福をお祈りし、罹患された方とご家族に深くお見舞いを申し上げますと共に、医療的ケアその他社会的なサポートに携わる皆様に心より敬意を申し上げます。



陽性者数は376万人、死亡者数は2万人を超えました。回復や感染経路が不明確で差別や偏見を受け、自責の念を抱き、苦痛と日常の回復が困難な人々がいます。お一人ひとりの経験は多様です。しかし、罹患した方々への心理的・社会的・経済的なケアは十分に提供されていません。



VCPカウンセリングオフィスでは、2020年12月から2021年12月末日までの1年間、罹患者及び関係者(家族親族、同僚、医療福祉関係者)からのご相談を無償化してまいりました。この度、無償化の期間を、2022年12月末日まで1年間延長することに致しました。


次の内容についてご相談いただけます。



▼遠隔心理療法(ご本人・ご家族親族様からのご相談)



非難や中傷などを受けたことによる心の傷、周囲を感染させる不安、精神的な不調など、コロナ罹患後の苦痛と日常生活の回復に関する相談について。


​​


▼遠隔コンサルテーション(関係者様からのご相談)



医療保健、福祉、教育、司法、産業の現場での罹患者及び家族親族に対する対応について。



お申し込みの際は、お申し込みページに罹患者・家族親族/関係者の別をお申し出ください。



2022年2月吉日


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍から約1年が経過いたします。亡くなられた方のご冥福をお祈りし、罹患された方とご家族に深くお見舞いを申し上げますと共に、医療的ケアその他社会的なサポートに携わる皆様に心より敬意を申し上げます。 罹患者数は12万人、死亡者数は1000名を超えました。回復や感染経路が不明確で差別や偏見を受け、自責の念を抱き、苦痛と日常の回復が困難な人々がいます。お一人ひとりの経験は多様です。しかし、罹患した方々